様々な地域の特産物が手に入るふるさと納税|おすすめはネットで確認

景色

寄附で好きな街を応援する

男の人

画期的な寄附制度が誕生

今よく耳にすることがある、ふるさと納税制度を活用したことはありますか。ふるさと納税は自分が選んだ好きな地域に対して寄附が出来る仕組みです。自分が昔、住んでいた街やゆかりがある街などに寄附する事で、住民税などの税金が控除されたり、寄附した街からお礼の返礼品がもらえたりする為、人気になっています。小規模な自治体では税収に限りがあり、財政難に苦しんでいるところもありましたが、ふるさと納税による寄附制度の誕生で税収アップが図られ、自治体運営が円滑になるメリットが生み出されています。ふるさと納税をしてくれた方に対してのお礼の返礼品は、地元の特産品などを送っている自治体が多く、街の宣伝効果も生まれています。

節税効果がすごい

ふるさと納税をする最大の利点は節税効果があげられます。たとえば、個人が各自治体へふるさと納税で寄附をした場合、控除上限額の範囲内であれば二千円を超える部分の額が全額控除の対象となります。控除上限額は寄附を行う方の年収や、家族構成などに応じて控除上限額は変わります。例として、五万円の住民税が課されるところを、ふるさと納税にて五万円の寄附を行えば、四万八千円の税金を先払いしたことになります。したがって本来、支払う税金額から先払いした額が差し引かれるうえに、返礼品ももらえてしまうわけですから、ふるさと納税を活用しない事は大きな損となります。また、自分が決めた好きな自治体へ寄附する事によって、その街に対して愛着がわき、観光に訪れる方が増えるなどの効果が自治体は期待できます。